話し方・聞き方の法則 Communication Report

【好きを仕事に】伊藤未奈先生インタビュー!


大学時代、BS朝日CSテレ朝の「News Access」で3年間、学生キャスターを経験。
2012年日本テレビ系列FBC福井放送へ入社。
夕方の情報・報道番組ではキャスターや中継など生放送をこなす一方、事前収録のコーナーでもディレクター・リポーターを務める。
ニュース読みやナレーションを得意とし、ラジオ番組のパーソナリティーとしても活躍。

 

  講師を始めたきっかけは?

結婚を機に福井放送を退社して福井を離れ、仕事をするにもどうしたらいいのか分からず、
このまま家庭に入るのか悩んでいた時に、共通の知人を介して樋田さんと知り合いました。
そこで初めは講師ではなく、メディアの出演などをさせて頂いていました。

講師の仕事を自分がするとは想像もしていなかったのですが、
自分のアナウンサーとして経験してきたことや、何気ないエピソードなどを交えて自分の言葉で話す機会はアナウンサーにはなかなかなかったのでやりがいがあるなと感じました。

自分の経験してきたことが、企業の方に通ずるものがあって、少しでも活用してもらえるというのは驚きと新鮮さがあり、自分の中だけの経験だったものが、役に立てるというのは新しい発見でした。

 

  実際に講師をしてみて、やりがいを感じるときは?

研修を受けてくださった方が、研修後に「良かった」とか「わかりやすかった」というだけではなくて「こういう考えがあるんだ」とか「こういったところが勉強になった」など具体的に話してくださって、そういう点って、自分が工夫したところだったりするんですよね。
そんな時には、報われたじゃないですけど、自信に繋がるなと思います。

 

  伊藤先生の今後の目標は?

自分の言葉で、どんな研修に対してもどんと構えて、任せてくださいと言えるようになりたい。
それがトークナビに対して恩返しになるかなと思っています。
そして時間が許す限り、研修を実際に自分が受けてみてもっと良い研修を提供出来るようになっていきたいです。

自分の言葉で、台本もなく話すというのは楽しいことだし、それが人の役に立てるというのは、こんなに素晴らしいことはないなと思っています。
自分が経験してきたことって、自分の中だけにしまっておくことの方が多い中で、
それが講師として、新入社員の方だったりスキルアップを目指す方の役に立てるなら、
さらにやりがいに繋がると思っています。

 

  これから講師を始めたいと思っている人にメッセージを!

最初は失敗とか緊張とかもちろんあると思うんですけど、やった分だけ自分らしい授業内容が出来てくると思うし、そうするととても楽しみながら出来る仕事だと思っています。

何より長く続けられる仕事で、年を重ねたり経験を重ねた人が、より輝ける仕事だと思うので、働きたいけど働けないというジレンマを抱えているママさんには一歩踏み出してチャレンジしてほしい。
それを受け入れてくれる懐の大きさがトークナビにはあると思います。
働いている人が、会社へ感謝しているこの環境は、原動力にも変えられる点ですね。