企業実績 Performance

オンライン研修「アナウンサーが教える食レポワークショップ 〜これであなたもボキャブラリーの宝石箱!」

2022/07/12


アナウンサーが教える食レポワークショップ 〜これであなたもボキャブラリーの宝石箱!


企業:株式会社ミライトテクノロジーズ 様

日程:2022年6月25日

対象:組合員

人数:44名

 

目的

オンラインで相手に伝える表現力と語彙力の向上

豊かな表現力を習得することで相互理解を深める

 

カリキュラム

▶アイスブレイク

伝わる声づくり 【腹式呼吸・発声練習・滑舌練習】

表現力向上レッスン 【五感で伝えるコツ・ボキャブラリーを増やそう】

食リポの実践 【食リポにチャレンジ・ビジネスへの活かし方】

▶まとめ/質疑応答

 


 

実施講師インタビュー

 

-今回の研修で、事前準備はどのようなことに重点を置きましたか?

 

お子さんも参加されての研修だったので、研修要素を薄め、

リクリエーション要素を増やすことに重きを置きました。

 

冒頭のアイスブレイクや自己紹介でも、どんどんと参加者を当てて発表してもらい、

自由に発言できる雰囲気づくりを心掛けました。

 

 

-参加者の変化は感じられましたか?

 

土曜日の午前中のワークということで、みなさん自宅から参加されており、

最初からアットホームな雰囲気はあったのですが、

ワークを重ねるごとに参加者同士のコミュニケーションが 増えていきました。

 

3回のブレイクアウトセッションを同じメンバーで開催したため、深まったのだと思います。

繋がりが広がっていることを感じることが出来ました。

 

 

-この研修であなたが一番伝えたいことは?

 

表現するのって楽しい!を届けたいという気持ちで講師を担当させていただいています。

 

私自身、幼い頃、【完璧でないと恥ずかしい】と上手く話せないことに悩んだり、

自分を表現するのに身構えていた経験があります。

食リポ研修は、できなくて当然!はじめてだから大丈夫!楽しもう!をコンセプトにしています。

 

完璧ではなくても、自分の五感を活かしながらまず伝えてみることが大切です。

この研修が、表現の楽しさを感じる第一歩になればと思っています。

 

 

-研修を検討している方々にメッセージを!

 

在宅ワークが続き、社内間のコミュニケーションを図りたい!

飲み会まではいかないけれども、ワクワク感も ありつつの研修をしてみたい!

という企業様にはとっておきの研修だと思います。

 

座学の研修ではないので、一緒にワークを作り上げ、

楽しみながら日常に取り入れられるボキャブラリーを養っていきましょう!

 

 

【参加者の声】

 

「当初は食リポでちゃんとコミュニケーションがとれるのかと半信半疑で取り入れたが、

実際にやってみて良さが分かった!またお願いしたい」といった感想をいただきました。

「どうしたら笑顔が継続するか」といった声づくりについての質問も。

アナウンサーならではの目線で、魅せ方やコミュニケーション方法についてお話することが出来ました。

 


PROFILE

加藤 美子 

Kato Miko

元 ケーブルテレビ局 アナウンサー

大学卒業後、地元(岐阜)の放送局にて、情報番組のアナウンサーやバラエティー番組のMC、

災害放送の生中継リポーターやラジオを担当。

ニュースの取材や原稿・台本作成なども経験。現在は拠点を東京に移し、講師業も積極的に行う。

 

研修一覧

※オンライン研修のコンテンツも多数ご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。