企業実績 Performance

オンライン研修「アナウンサーとプレゼンを学ぶ!自己紹介ワークショップ」

2020/12/09


アナウンサーと一緒にプレゼンを遊ぶ 自己紹介ワークショップ

 


 

日程:2020年9月23日~24日

対象:内定者

人数:34名

 

目的

▶相互理解を深め、協力し合う力と円滑なコミュニケーション力をつける

▶オンラインで堂々と話すコツを知り、人を動かすプレゼン力をつける

 

カリキュラム

▶第一印象

▶伝わる声づくり

▶オンラインでの話し方

 


 

実施講師インタビュー

 

―今回の研修までの準備は、どのようなことに重点を置きましたか?

対面と比較して、オンライン研修の方が理解しにくいだろうという前提で準備を心掛けました。

全体の流れを頭に入れて、オンラインでも距離感を感じさせないような研修になるように努力をしました。

アナウンサーならではの体験談なども入れることで、少しでも持ち帰ってもらえることが多くあるような内容に出来ればと考えて進めました。

 

―今回の参加者は内定者。難しさはありましたか?

講師が “出来るだろう” と思っていることが、すごく難しいと感じる方ももちろんいるので、簡潔にわかりやすく、具体例まで出しながら“導いてあげる”研修を心掛けました。

内定者なので、同期はもちろん会社の人ともまだ交流が無い段階なので、緊張がほぐれるまでに時間が少し掛かったかなと思います。

この研修を楽しんでもらう工夫が重要な研修でした。

 

 

―参加者の変化は感じましたか?

最初はあまり表情などの変化がなかった受講生が、少しずつ頷きが増えてきたりして、すごく嬉しかったです。

特に、「エレベーターピッチ」や「話すネタの集め方」などは、自主的に質問が出ることもあり、普段の生活では意識しないような点はすごく関心を持って頂けたなと感じました。

 

―具体的な研修内容を教えてください。

今回は「自己紹介ワークショップ」ということで、自分自身を知ってもらう・伝えるという実践を多く取り入れました。

「第一印象の重要性」について細かくお話し、「伝える声づくり」と題して “腹式呼吸” や “発声練習” も行います。

オンラインならではの内容としては、「オンラインでの魅せ方・伝え方」をアナウンサーのコツを交えながらお伝えしています。

 

―この研修で一番伝えたい部分はどんなところですか?

「話すことって楽しい」を改めて感じてもらいたいですね。

この研修で学んだことを、全て日々の生活で意識するなんてとても大変です。

でも、「今日はここだけ気をつけてみよう」「今日はこの練習だけやってみよう」の繰り返しが、伝わる話し方が出来る第一歩になると思います。

 

 

―参加者からの声

「緊張しない方法を教えて欲しい」

「対面よりオンラインの方が緊張してしまう…どうしたらいいですか?」

「話し始めや雑談でのストックって何個かあるんですか?」

こんな質問が上がりました。

話すことに悩みを抱えている人がこんなにもいるんだと感じ、

解決策や日頃のトレーニング方法などを、皆さんにお伝えしました。

 

 

―研修を検討している方々へ

コロナ禍で、職種問わずオンラインでのコミュニケーションは課題になっています。

すぐに実践できる、ビジネスにも役立つ内容が多く含まれているので、

“オンラインならではの伝え方”を知っていただいて、実際の業務に活かして頂きたいです。

 


PROFILE

 

鋤野 郁実 

Sukino Ikumi

 

元テレビ佐世保アナウンサー

元ケーブルステーション福岡アナウンサー

大学時代よりアナウンススクールに通いながら福岡を拠点にイベントMCを多数経験。

その後地方局アナウンサーになり自社制作テレビ番組をメインとした制作に携わり、取材、原稿執筆、リポート、キャスター業務と幅広く経験し、伝える楽しさを体得。

フリー転身後はブライダルを中心に、年間数百本の各種イベント・式典MCを担当する。

 

 

▶関連記事
【好きを仕事に】講師インタビュー  鋤野 郁実
千葉県内の小学校にて「アナウンサー体験教室」を実施中!
【働く人インタビュー】鋤野 郁実

 

研修一覧

※オンライン研修のコンテンツも多数ご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。