企業実績 Performance

オンライン研修「アナウンサーと一緒にプレゼンを遊ぶ 自己紹介ワークショップ」

2021/01/14


アナウンサーと一緒にプレゼンを遊ぶ 自己紹介ワークショップ

 


 

 

企業:株式会社みずほ銀行

日程:2020年12月4日

対象:新卒入社社員向け

人数:約40名

 

目的

▶相互理解を深め、協力し合う力と円滑なコミュニケーション力をつける

▶オンラインで堂々と話すコツを知り、人を動かすプレゼン力をつける

 

カリキュラム

▶自己紹介ワーク

▶第一印象・伝わる声づくり

▶オンラインでの話し方

▶エレベーターピッチを意識したプレゼン

 


 

実施講師インタビュー

 

―オンライン研修の事前準備はどのようなことに重点を置きましたか?

第一印象をよくすることも大切ですが、なるべく社員同士の交流が活発になるようにワークに時間をさけるように心がけました。

そのため、一つ一つの説明が長くならないように、テンポよくこなしていけるよう調整しました。

 

―参加者の変化は感じましたか?

アイスブレイクで始めに簡単な発声をしてもらうのですが、オンラインだったこともあり、皆さんの声がそろうことはなかなかありません。

ただ、逆にその遅延もあり、笑いが生まれ表情がさらに柔らかくなったように思います。

交流に重きを置いているので、研修の終りの方には仲間同士で打ち解けていて皆さん、雰囲気が良くなったと感じました。

 

 

―具体的な研修内容を教えてください。

第一印象の大切さを学びながら、どのようにより好感を持ってもらえるようになるのか、表情や声の出し方、発声や滑舌を練習しながら学びました。

自己紹介(20秒)と、簡単なプレゼン(30秒)を、グループごとに分かれて発表する時間も設けています。

話したことをもとに、質問しあうなどして交流を深めてもらいました。

 

―この研修で一番伝えたい部分はどんなところですか?

第一印象は、とても短い時間で決まります。

それをネガティブに捉えずに、その間でいい印象を与えるコツを知っていれば、話が円滑に進んだり、

話し上手と思われたり、良いことがたくさんあるということを知っていただきたいです。

 

 

―研修を検討している方々にメッセージをお願いします。

研修を実施して思うのは、ポイントを理解して気を付けていただければ、みなさんすぐに、第一印象が良い話し方ができるようになっているというところです。

“ポイントを知る”ということだけでも、研修に参加する意義があり、しかもそのポイントというのは今すぐに取り入れられるものばかりです。

話すこと、伝えることを軸として仕事をしてきたアナウンサーが講師を担当しているので、実際にあった事象をもとに話が展開していき、

万人がよいと思える話し方を伝える上ではより説得力があるのではないかと思います。