話し方・聞き方の法則 Communication Report

Talknavi大賞【広報MVP】石山千華アナウンサーにインタビュー!


トークナビ設立5周年の節目に、4つのジャンルで最も活躍したアナウンサーを表彰しました!

今回は、【広報MVP】を受賞した石山千華アナウンサーのインタビューをご紹介します。

石山 千華  Chika Ishiyama 【東京】

≪選出理由≫
広報としての役割を深く理解し、TV実績ゼロの企業様へ入念な取材を行いました。
取材のみならずアプローチ先の選定、番組研究、他社企業との比較など創意工夫を凝らし、多くの実績とお客様の喜びをうみだし、頼りにされる“企業の顔”となりました。

 

―【広報MVP】おめでとうございます!今の率直な気持ちを聞かせてください!

とても驚きました。自分の名前がまさか呼ばれるとは思っていませんでした。

女子アナ広報室の立ち上げからここまで尽力してきたメンバーがたくさんいて、その方々の努力や試行錯誤の道のりを考えると、わたしが賞をいただくのは、本当に恐縮な気持ちでした。

一方で、放送局での仕事から離れて、5年近くブランクがあり、久しぶりの仕事がこの女子アナ広報室だったので、「しっかり仕事として成り立っているかな」という気持ちが、賞をいただけたことで、小さくなりました。

わたしは、NHKや民放の地方局に7年間在籍した経験があります。その“アナウンサーの仕事”の中で、人から話を聞かせていただくことがわたしはとても好きでした。

放送局から離れた後も、人や物の魅力を引き出すインタビューの仕事を続けたいという気持ちを持ち続けていました。それは、わたしにとって伝える場であったテレビやラジオといった媒体に限らず、文字でもインターネットでも、人の話を聞く、それを発信できる場であればどこでもよく、ただインタビュアーとして仕事をしたいと思っていました。

子育てを機に、“現場”から離れましたが、その炎はいつも燃えていました。

そんなときに、この女子アナ広報室の仕事に出会い、「まさにこういうことがしたかった!!」と思い、すぐに参加しました。

自分が好きな、取材や発信の時間がとても楽しく、アナウンサーとして働いていた頃のように、毎日ワクワクしています。

女子アナ広報室の仲間に恵まれ、お客様である担当企業の皆様もとても向上心があり、常にに前を向いて次々に新たなことに取り組まれている姿を拝見して、いつも力を頂いております。

そういった環境のおかげもあって、担当企業様の取り組みをお伝えするリリースを書き上げることができ、それをメディアに取り上げていただくことができました。

樋田社長がよく言っている「好きを仕事に」が、わたしは、まさにこの女子アナ広報室で、インタビューの仕事ができ、それを発信して、多くの人に伝えるという目標を一つ、達成することができました。

この事業を立ち上げ、運営を担っている、広報室の1期生やメンバーに、感謝の気持ちでいっぱいです。女子アナ広報室という居場所を作ってくれて、本当にありがとうございます!

―今、石山千華アナウンサーが仕事で大切にしていることは?

尊敬の念」を持って、人・もの・事に接するように心掛けています。

どの会社にも、どの人にも、サービスにも、商品にも、必ず、多くの人に知ってもらう(メディアに取り上げられる)価値・魅力があると、思います。

地方局で仕事をしていた時に、「田舎だし…」「東京と違うから…」とおっしゃる方がいました。

しかし、わたしは、その地域それぞれに良さがあって、その土地が人柄やサービス・製品を育んでいると思っています。第三者が見たり、経験したりすることで、その魅力を誰かに伝えたり、良さを話し合ったりすることで、その人たちが誇りに思う機会になるのだと、アナウンサーの仕事を通して、実感することが多くありました。

だからこそ、一生懸命考えられた製品やサービスの裏側を知り、多くの人に伝える・発信するときには、精いっぱいの尊敬のきもちを込めて、携わるようにしています。

どの側面を伝えるか、いつのタイミングで世の中にその情報を出すか、誰に知ってもらいたくて売り込むのか…

会社の一員となって、その会社の方々やサービス・商品に誇りを持って、その宣伝隊長・応援隊長として、一緒に考え情報を発信します。

女子アナ広報室の仕事も、インタビューも、ナレーションも…どの仕事をとっても、これからもリスペクトを大事にしていきたいです。

―今後の目標を教えてください!


★個人的な目標は…

サービスの名前に“女子アナ”とつくので、“女子”に近づけるように…アンチエイジングを頑張ります(笑)

そして“アナウンサー”として、声で表現する場をもっと増やせるように…現役アナウンサーでいられるよう、現場復帰を目指します!


★広報室の一員としては…

担当企業のお客様はもちろん、女子アナ広報室を選んでくださった企業の皆様に、たくさんの笑顔があふれるように…自分の取材の方法や伝え方、考え方をメンバーに共有して、さらなるサービス向上に役立ちたいと思っています。

女子アナ広報室は、企業を取材してリリースを発信し、メディアに取り上げてもらうためだけでなく、まだまだ多くの可能性があると考えています。

女子アナならではの、視点やアナウンスメント・構成力など、他のPR会社にはないスキルを持ったメンバーがトークナビにはたくさんいます。

そのスキルを掛け合わせて、また新たな広報室の側面を作りたいです!

最終目標は、地方でも東京でも、そして世界中からも、

「自分たちの魅力を日本全国に伝えられるのは“女子アナ広報室”」と言われるサービスにすることです。

 

石山千華プロフィール

元NHK千葉放送局 キャスター・リポーター
元テレビ長崎 アナウンサー(フジテレビ系列)
元NHK山形放送局 キャスター・リポーター

生年月日:1986年1月29日

身長:170cm

出身地:神奈川県横浜市生まれ/静岡県熱海市育ち

▶詳細はこちら🎤